にほんご
       三亜学院の外国語学部は2005年9月に設立された。海南大学三亜学院の創立当時では、8つの学部が設置され、外国語学部がその一つである。英語、日本語、ロシア語の3つの専攻とESPがあり、応用言語文化研究センター、ロシア語センター、異文化研究センターもある。英語、日本語とロシア語専攻は、観光とビジネスの方向に分けられている。外国語学部は地域の経済と社会の発展のニーズに適応し、道徳的、知的、体力的および審美的な発展ができ、外国語の応用知識はもちろん、観光とビジネスの業界に求められているスキルと、イノベーションや実践能力、国際的な視点を持つ外国語応用人材の育成を目指している。
       創校12年以来、外国語学部は三亜学院の高速発展とともに、徐々に中青年世代をコアとし、専門構造の優劣がお互いに補うことができるチームを構築してきた。現在、外国語学院の職員は合計95人(派遣講師を含む)。教員86名(外国人教員13名)、そのうち、博士、修士が96.5%、教授、准教授、講師が80%を占めている。献身、革新、協力に専念するチームが結成された。 2017年現在、外国語学部には約1,000名の学生がいる。外国語学部の教職員は社会のニーズに沿った人材を育成するため、代表的なコースの作成に力入れ、「キャンパスに入る学生の目的はよりよく社会の道を歩むことである」という理念を実践している。
       三亜学院のリーダーシップのサポートの下で大胆に探求し、革新し、「キャンパスに入る学生の目的はよりよく社会の道を歩むことである」の教育理念を徹底し、学科競争力と教員チームの強化を熱心に取り組み、三亜学院の発展と進歩に捧げる。
       幾多の試練に耐えた外国語学部はすくすくと成長し、将来に着目し、凄まじい意気込みである。未来の新たな機会と挑戦を直面し、「豪気、大気、正気」の校風を守り、「自力更生、合力更新、全てを許容し、弛まず頑張る」という校訓を背負いながら力を尽くし、使命を辱めざる。これからも輝かしい成績を見せるように努力する。

       Tel:0898-88386795